うらやまに足を延ばして

IMG_4119見上げたら環水平アーク。 h250623 13:00pm頃 芳ヶ平キャンプ場にて撮影。(撮影:横坂)

環水平アークとは、太陽の下に、ほぼ水平な虹のような帯が見える現象。幻日と同じく上空の大気中の氷晶が太陽光を屈折することで生じる。太陽から約46度離れたところに現れるため、太陽高度が高く、低空に雲がない時でないと見られない。

One Comment

  1. sekiya 2013年6月25日

    2週間続けて平標山に行ってきました。とくに15日は、一面のイチゲやコザクラが見事でした。ただ、天気はいまちょっとだったですね。

Comments are Disabled